• HOME
  • 祐ホームクリニックの在宅医療とは(患者さん、ご家族へ)

在宅医療とは(患者さん、ご家族へ)

在宅医療とは?

「住み慣れた自分の家で療養したい」 「できれば最期までの日々は、思い出深いわが家で、自分らしく過ごしたい」 在宅医療は、そのような患者さんの想い、ご家族の想いから始まります。


しかし、自宅での療養生活は、どのような準備が必要なのか、急に容態が変化したときにはどうすればよいのか、不安も大きいことと思います。私たちは、そのような患者さん、ご家族の想いを受け、医療の側面から支援します。


在宅医療とは、医師のほか、訪問看護師、薬剤師や理学療法士(リハビリ)等の医療関係者が、患者さんのお住まいに定期的に訪問して行う、計画的・継続的な医学管理・経過診療のことです。


わたしたちはそれに加えて、ケアマネジャーやホームヘルパー、また行政等と連携しながら療養生活全般を支えたいと考えています。


祐ホームクリニックの安心

01.複数の専門医がサポートします。

祐ホームクリニックでは、在宅で診ることが困難と思われがちな重度、複数の疾患をお持ちの方でも、安心してお過ごしいただけるよう、複数の専門医がグループとなり医療的支援を行っています。また、患者さんやご家族の安心のために、地域の各病院との密接な連携関係をとり、必要な検査や入院といった病院での医療を受けていただけるネットワークを構築しています。


02.24時間365日サポートします。

原則として月2回以上、予め計画した日時に医師がご自宅をお訪ねし、診療・検査・お薬の処方などを行います。また、緊急の場合には夜間・休日を問わず、24時間365日医師が対応します。
このように在宅医療とは、発熱などの急性疾患などにより、単発的に訪問し診療を行う「往診」とは異なります。


03.病院と連携してサポートします。

在宅医療で日常診療を行いながら病院にもかかられることはもちろん可能です。その際には病院と当院とで経過や治療方針について密に情報共有をし、その内容は患者さん・ご家族へきちんとご説明します。
また、万が一入院が必要となった場合、また入院を希望される場合には、患者さんのご希望を伺って、病院への入院をサポートします。原則的には以前受診されていた病院に依頼しますが、当院は地域の各病院と連携体制にありますので、ご希望をお聞かせください。(病態や病院の状況によりご希望の病院に入院できないこともあります。予めご了承ください。)


祐ホームクリニックの連携病院

東京大学医学部附属病院・日本医科大学付属病院・都立駒込病院・都立大塚病院・順天堂大学医学部附属順天堂医院・東京都医科歯科大学病院・東京女子医科大学東医療センター・東京北社会保険病院・日本大学医学部附属板橋病院・東京都健康長寿医療センター・国立国際医療研究センター・東京女子医科大学病院・三井記念病院・東京日立病院・小石川東京病院・虎の門病院・NTT東日本関東病院・杏雲堂病院・三楽病院ほか多数

ページトップへ

訪問エリアと診療内容

祐ホームクリニックの在宅医療をご提供する方

お住まいの地域 文京区、北区、荒川区、豊島区の全域
台東区、板橋区、新宿区、千代田区の一部地域
※その他の地域の場合には、ご相談ください。
対象となる方 ご自宅での療養を希望される方
入院や通院が困難な方
呼吸や栄養、排泄等、日常生活に医療サポートを必要とされる方
※他病院にかかられている方でも、日常診療として在宅医療をお受けいただけます。
主な症状 脳血管障害後遺症、多発性脳梗塞・脳血管性認知症
アルツハイマー病およびその他の認知症
老人性運動器疾患(骨粗鬆症、圧迫骨折、変形性関節症、 大腿頸部骨折)および関節リウマチ
神経難病
悪性腫瘍末期
慢性呼吸不全
慢性心不全
慢性腎不全など
合併症を伴った糖尿病
じょく創
老衰など  
※主なものを表示しています。こちら以外の方もどうぞご相談ください。

祐ホームクリニックの在宅医療で可能な処置等

日常診療に加え、以下の処置等が可能です。

安定した呼吸のために

・在宅酸素療養    ・在宅人工呼吸器

栄養摂取のために

・胃ろう管理     ・経鼻経管栄養
・腸ろう管理     ・在宅中心静脈栄養

排泄のために

・膀胱留置カテーテル ・ストマケア

苦痛の緩和のために

・麻薬処方      ・腹水排液
・携帯型精密輸液ポンプ管理

身体機能向上のために

・リハビリテーション指導

床ずれ治療のために

・皮膚科専門医によるじょく創処置

ページトップへ

在宅医療でかかる費用

在宅医療でかかる費用

当院の在宅医療は、保険診療です。高齢の方であれば、かかる費用の1割(3割の場合もございます)をご負担いただきます。 以下に、基本的なご負担額をお示しします。


定期的な訪問診療にかかる費用

対 象 負担割合 月額標準負担額 負担上限額
高齢者
(70歳以上)
1 割 約7,000円 12,000円
3 割 約20,000円 44,000円
一 般
(70歳未満)
3 割 約20,000円 高額医療費による返還

例)月2回訪問した場合 (高齢者 1割負担)
訪問ごとの費用      830円×2回=1,660円
医学管理費用 4,600円×1カ月=4,600円
介護サービス助言費用  290円×2回=580円      1か月合計: 6,840円


※検査や処置を行った場合は、所定の費用が上記に加算されます。
※患者さんの重症度や症状により、行った医療サービスに加算される場合があります。
(厚生労働省により定められた疾患を管理する場合+100円など)
※各種書類の作成については、別途費用がかかる場合があります。

※院外処方となりますので、薬剤費は別途必要です。


●当院では、訪問交通費(ガソリン代等)、通信費はいただいておりません。

●高齢の方の場合、医療費負担の上限が決まっています。手厚い診療(訪問頻度や検査・処置により)をお受けいただいても、 一ヶ月あたりの医療費負担は概ね12,000円程度(+介護保険分580円程度)です。 これ以上かかった場合には手続きにより返還してもらうことができます。

ページトップへ