治験センター

Clinical trial center
ホーム > 治験センター

ご挨拶

GREETINGS
武藤真祐
 コロナ感染症の収束が見えない中、患者さんの受診控えが起きているだけではなく、臨床試験にも影響が及んでいます。予定された受診ができないために治験薬の投与や診察が困難となり、新規薬剤の上市計画が変更を余儀なくされています。
 最近の新薬は希少疾患や重度な疾患に適応するものが多く、対象となる患者さんは専門医への通院負荷が高いという課題がそもそも存在していました。コロナ感染症はこの問題をさらに悪化させています。
これに対する解決策としては2つあります。一つは、患者さんが通院するのではなく医療従事者が自宅に訪問して、薬剤投与や状態把握を行うというもの、もう一つはオンライン診療や症状管理アプリを活用するという手法で、これらはDecentralized Clinical Trial(DCT/分散型臨床試験)と言われます。DCTはグローバルでは急速に拡大しているものの日本では十分に普及していません。
 鉄祐会ではこの度治験センターを設立し、DCTに取り組むことといたしました。患者さんは自宅にいながらオンラインで問診、診察、症状報告を行い、訪問看護師が投薬や検査を行います。当法人内に設置されているイノベーションセンターや臨床研究センターと連携することにより、鉄祐会がさらに患者中心の医療に貢献できることを確信しています。
医療法人社団鉄祐会
理事長 武藤 真祐

お問い合わせ

CONTACT
ご質問やご相談などは下記お問い合わせまでご連絡ください。
ご質問やご相談などは
下記お問い合わせまでご連絡ください。